RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

プリーストの道~③戦闘

2006.11.21 Tue
さて、プリースト攻略第3弾は戦闘です。

プリーストの戦闘方法には3種類くらいあります

1.自分も攻撃に参加しつつ、HSやヒールなどを掛ける

2.自分は軽く当てる程度攻撃に参加し、それを利用し敵を集めたりしてPT内の戦闘員に退治してもらう

3.攻撃にはまったく参加せず、HSやブレス、ヒールを戦闘員に与えにMAP全体を巡回する


主にこんな狩りの参加の仕方があります。

今回は1についてSSを交えて解説してきます。



今回例として「ケンタウロスの領域」のMAPで説明させていただきます

主に1での狩りの対象となる敵は、聖属性の弱点のモンスターがいいと思います。

レイを撃てれば弱点ですので通常の1.5倍のダメージを与えることができるので、プリとして唯一戦闘員として戦えることができるシュチュエーションです。

とはいえ、レイばかり撃つとなるとMGを掛けなければいけないのでMGなしでやるにはレイとヒールを使わざるをえません。

となると、最も有効なのはヒールも効く敵がいいでしょう。



20061121195227.jpg





Lv97の時点での狩りです(レイMAX

敵と敵との間をみつけ、レイを撃ちます。

20061121195323.jpg




回復のヒールでもダメージを与えてます

このくらいの段差であれば、ジャンプヒールで↑にも攻撃が当たるのでジャンプしながらやるといいでしょう。


20061121195455.jpg




戦闘員にHSをするときはロープに捕まったほうがいいでしょう。

すると硬直がほぼなくなりますのですぐ戦闘に戻れます。


20061121195610.jpg




次に被ダメの確認です。

これはケンタの地震攻撃です。

これはジャンプすることで回避できます。最大で~1280程度でした(ガードあり


20061121195749.jpg



接触ダメージです。ガードがあれば大したダメではないですね。



20061121195831.jpg




槍投げ攻撃です。

これも~1280程度でしたので、2発耐えるのには大体2600くらいあれば確実に2発耐えれるでしょう。

大事なのは、2発耐えれるようにするためのHP装備とHBスキル。

DKとうまく組めれば2発耐えれるようになったり、HP装備をINT装備にして火力を上げることができます。

2発耐えれると、例えば1発しか耐えれなかったときの攻撃パターンが

レイ(5kダメ ヒール(2kダメ レイ(5kダメ ヒール(2kダメ

だったのに対し、

レイ(5k レイ (5k ヒール (2k レイ(5k 

と、敵に与えるダメージが増え、敵が早く倒せ、効率の上昇につながります。

死の危険も少なくなりますしねb

と、このようにプリも狩れる狩り場ですと効率もいいし狩りができるので楽しいし、ドロップの期待もできます。

ただ、火力(ステータスの魔力)が少なかったりPCの関係でラグが多くてレイを撃つと死んでしまいやすい人や慣れていない人は、あまりお勧めできないです。

お勧めできないと言っても、ヒールだけでも十分倒せますので戦う比重を少し落として戦闘員に狩ってもらうようにした方が、結果的に自分の効率にもつながることがあるのです。

効率のことばかり考えてると・・・と思いがちですが、プリとしての価値はやはりそこにもあるように思います。

死なないで、HSを切らさず、戦闘員をとうまく連携して、MAPの敵をいかに多く早く狩るか。それがうまくできてこそのプリの価値でありプリの腕といえるでしょう。

狩り場によっては、プリの腕の差が出にくい狩り場やプリの腕によって戦闘員の命さえ危険になる狩り場もあります。

MAPの特性や他職の特徴などをより多く理解してればよりいい動きができると思います。

時には戦闘員の動きにも目を配りながら、その職の特徴を覚えたほうが今後につながるでしょう。

長くなりましたが、これで戦闘の1を終わります。
スポンサーサイト


Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |
<<MF&GF合同ジャクム | HOME | プリーストの道~②ホーリーシンボル>>
name
title
mail
url

[     ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。